blog

【8月】セミナーのご案内【早稲田】 2019.7.7 /

 

 

 

    「腰痛運動療法としてのヨガ・ピラティスの可能性」

 

    近年のヨガはフィットネスの現場だけでなく、医療従事者によるリハビリテーションとしても取り入れられています。
    モビリティーとスタビリティーの両方を高めることが出来、単に安定した強い体幹だけではなく連動した身体を築き、モーターコントロール能力を高めるエクササイズとして注目されています。
    本セミナーでは、運動療法としてのヨガ・ピラティスについて、基礎解剖知識や評価方法、処方の考え方について、ドクターとトレーナーそれぞれの視点から分析し、その可能性を探ります。
    医療従事者やトレーナーだけでなく、ヨガ・ピラティスの指導者の方にも分かりやすく実践できる内容となっています。

 

    【日程】
    2019年8月18日(日)10:00 ー 17:00

 

    【会場】
    早稲田大学 東伏見キャンパス205教室

 

    【講師】
    早稲田大学 スポーツ科学学術院  金岡 恒治 氏
    桐蔭横浜大学 スポーツ健康政策学部  成田 崇矢
    埼玉医科大学 保健医療学部理学療法学科  大久保 雄 氏
    日本ムーブメントエデュケーター協会代表  ラジカスキー 万由子 氏
    一般社団法人 Educate Movement Institute 代表理事  本橋恵美 氏
    Director of Australian Pilates Co & Women’s Health Int’l  Jeannie Kim 氏
    通訳:早稲田大学スポーツ科学学術院 細川由梨氏

 

    【料金】
    一般:10,800円(税込)
    学生:2,160円(税込)※当日学生証をご提示ください)

 

 ※詳細・お申込みはこちらから※

 

 

 

 

 

Pagetop