blog

【熊本】野口 健トークショー開催 2017.7.18 / News Works

『E.M.IアカデミーVol.8』

【野口 健から見た世界、そして熊本】

災害を生き抜くために~テント村という選択肢~

この度、世界で起きた震災の救助支援をされてきたアルピニストの野口健氏をお招きし、そうした取り組みによって生まれた人々との絆や勇気など多くの経験をお話していただくトークショーを熊本にて開催致します。

20156150_1567581446625264_5111631425491785131_n

約一年前に発生した未曾有の大震災、【熊本地震】で車中泊を余儀なくされた方々を見た野口さんは、心の癒しの場として【テント村】を熊本県益城町に設営されました。このテント村によって心身ともに癒される場所が提供され、生きる活力・希望を取り戻すことができ、救われた人々は600人を超えました。このテント村の取り組みをしようと野口さんを決意させたのは、2年前のヒマラヤ大震災で野口さんに救われた方々からの声だったそうです。「日本に恩返しがしたい!」感謝の連鎖は国境を越えて人々を救いました。テント村設営に至った経緯や挑戦し続ける人生について、熊本で聴くことが出来る貴重な機会です。

また、今回は野口さんが『健康管理のために実践しているエクササイズ』を紹介致します。
またと無いこの機会にぜひ、皆様足をお運び下さい。みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

『《野口 健》プロフィール』
1973年8月21日、アメリカ・ボストンで生まれる。高校時代、上級生とケンカしたことが原因で停学となり、そのときに植村直己さんの「青春を山にかけて」と出会い、登山に目覚める。1999年エベレストの登頂に成功し、10年の歳月をかけて7大陸最高峰世界最年少登頂記録を25歳で樹立。エベレストや富士山のゴミ問題、「野口健環境学校」開校、日本固有種の動植物を守る活動など環境問題だけでなく幅広く活躍。2016年4月、熊本地震が発生後「熊本地震テントプロジェクト」を立ち上げる。熊本県益城町にテント村を開設し、多くの方々を救った。テント村を運営した経験を元に、自治体などに向けて災害時の避難所のあり方についても提言を続けている。

【日時】
2017年9月16日(土) 15:30~17:00

【会場】
医療法人社団 寿量会 熊本機能病院併設
熊本健康・体力づくりセンター2階 大ホール

詳細、お申し込みはこちらよりご確認ください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/b955c397518124

【お問い合わせ】
一般社団法人Educate Movement Institute
担当:高野・久木元・市原・佐藤
mail:info@emi-japan.org

Pagetop